FBI

プロフィール

FBI 

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク

2016/05/21

みなさまからお預かりした寄付金で、センターの獣医さんからご要望をお聞きし購入した品と
私達の想いをお届けして参りました。

物資

FBIスタッフメンバーで参加出来る方と、トークセッションでお世話になったナオミさんと一緒に
私が住んでいる佐倉市の地元企業である、VANGUARD International Foods 様 より購入させて頂いた 
ナチュラルハーベスト(犬用) ・ カントリーロード(猫用) 等の処方食フード、バリカン、輸送費等を含め
合計164,925円分をお渡し致しました。 (残金は熊本への寄付となっています。こちらはまた後日ご報告致します)

みんなで運びました 

獣医さんには手術等で使用する、バリカンをお渡し致しました。

「これで一生バリカンを買わなくてすむ~♡ 」 

と、とても喜んでおられました。 もちろん使う頻度がすくない方がいいですもんね♪ 

獣医さんへ 

獣医さんへ2 

お渡しした後、センターの見学もさせて頂きました。

千葉県愛護センターは、30年ほど前に建てられたそうで、その当時は1万頭以上が収容されていたそうですが
年々収容数も減ってきて、昨年収容や引取りされた犬は、1700頭近くとなっているそうです。 

収容数推移

センターの職員の方々をはじめ、沢山のボランティアの方や保護団体の方達の努力の賜物だと感じました。

千葉県愛護センターは緑に囲まれ 明るい日差しを浴び、想像していたより
温かい雰囲気に包まれていました。

センターの随所に出来るだけ殺処分は避け、譲渡したいという想いが伝わってきました。

外にはドッグランがありました。

ランがありました


クレートの中ばかりにいるとストレスになるので、ワンコ達の為にと、植え込みを改装して作られたそうです。
里親希望の方達が遊んでいる様子を見ることで、性格やお散歩時の引っ張り具合も分かりやすい。
という事でもあるそうです。


こんにちは


こちらは、猫ちゃんも外には出さず室内で飼って欲しいという事で
室内飼育のイメージをしやすいようにする為の部屋だそうです。

室内での飼い方

今、猫ブームだそうですね・・・・ 

いきものにブームってなんだよっ!!??? って怒りを感じますが
猫さんが沢山いました。

赤ちゃん猫
猫ちゃん
猫ちゃん2
名前はパパ 

ランで遊ぶのを待っている子達。

ラン待ち

センターで呼ばれる名前もあるそうです。 破天荒♪ 

名前は破天荒

そして、収容所と殺処分所です。 
カメラの性能が良いのか明るく撮れていますが、実際は薄暗く悲しみに溢れた部屋で
ここより先の写真は撮れませんでした・・・

でも、命の期限を決められてしまった子達も、期限が過ぎていても保護されていました。
譲渡対象と判断された子は殺処分されないそうです。
決まりそうな良い子であれば、1年位待っている子もいる。との事ですが
それでも、月に一度、10頭程の殺処分があるそうです。 

収容部屋

撮影禁止でしたが、処分所にも入ってきました。

殺処分が決まった子達は、最終部屋のドアが開くと、一方通行でしか歩いて行けない道を自ら通り
ガス室へ向かいます。ガス室では二酸化炭素ガスを吸わされます。
別室のモニター部屋で亡くなったのを確認すると倒れている床が開き、亡骸は高温で焼却されます。

私達はその犬や猫達が殺処分され、ドラム缶いっぱいになった骨や灰を見てきました。

そして、、、、その骨や灰は、産業廃棄物として処理されるそうです。 

獣医の先生も 『誰でも殺処分なんて嫌なんです』 と おっしゃっていました。 

私にとって、一緒に行った人達にとって、一生忘れる事の出来ない日となりました。 

なでなで

ナオミさんもなでなで 

センターには、温かい家族のお迎えを待っている子達が居ます。
一日も早く新しい家族が見つかる事を願って、これからも微力ですが活動を続けていきたいと思っています。

行ってきました

センターとの架け橋になってくれた TreeCubicの森さんをはじめ、スタッフの皆さん
Tier Haim KOKUAのナオミさん、お疲れ様でした。 ありがとうございました。 


そして、日々24時間 命と向きあい闘っているセンターの方達も、なんとか現状を止めたいと
動物達のお世話で忙しい中、啓蒙活動を行っています。

千葉県愛護センターでは小学生を対象として、犬の心音を聞かせてくれ 『命の大切さ』 のお話をしてくださるそうです。 
学校、学童、子供会、スポーツ教室、千葉県内で行ける範囲であれば行かせてください。
との事です。 参加する年齢でお話をかえてくれたり、アレルギーのある子がいる場合は
モデル犬なしでの対応もされるそうです。

ご興味があり、来て欲しい。という所があれば、私宛にメール、またはブログ右上にあります
お問い合わせより、ご連絡ください。

最後になりますが、FBIが終わり かなり時間が経ってしまいましたが、無事にお届けする事ができました。
皆様のご協力、本当にありがとうございました。

2016年 FBI開催の様子 | コメント(0) | TB(-) | 2016/05/22 |

イベントが終わり、そろそろ1ヶ月。。
ゆっくりのんびりブログを更新して参りました

私の拙い文章ですが、参加された方にはもう一度。
イベントに参加されなかった方には、どの様なイベントであったかを感じて頂く事は出来たでしょうか?? 
そしてこのブログをお読み頂き、何かを感じ、何が出来るのか。を考えるキッカケとなって
頂けたら大変嬉しく思います。

出来る事からコツコツと。

どんなに小さな一人一人の出来る事でも、それを繋げていけば大きな大きな力となる事を
このイベントを通じ感じる事が出来ました。

とても私だけでは、この様な大きなイベントを開催する事は出来ません。
皆さまのご協力とお知恵や、様々なご縁により、この様なイベントを開催する事が出来ました。

支えてくださった全ての方へ感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に本当にありがとうございました。

これはまだまだ第一章です。

これからもフレンチブルドッグへの愛で、動物達を救おう!!と、いう掛け声とともに
第二章、第三章と続いていけるように努力していきたいと思っておりますので
どうぞこれからも宜しくお願い致します。

また次回、みなさまとお会い出来る事をスタッフ一同、心より楽しみにしております!!!!
ありがとうございました    

スタッフ~♡

そして、昨日 九州地方に起きまして、大規模な地震が発生致しました。
被害に遭われた方達は、不安な一夜を過ごされたと思います。

少しずつ被害状況など把握する事が出来て参りましたが、大きな余震も多く
被災された方はもちろんの事、動物達への影響がとても気になるところです。

なにか ご協力出来ないかと、九州地方の方と知り合いの方にお願いして
色々と話を聞いている最中です。

情報を集め、状況を把握し、内容によっては、みなさまから集めさせて頂いた寄付金を
使わせて頂く事も検討しております。

皆様からのご寄付で、一頭でも多く救えるようにと願っておりますので
ご理解頂きますようお願い致します。

どうかこれ以上、被害が広がらない事を。
そして被害に遭われた方が一日でも早く普段の生活に戻れる事を願っております。

FBI  上村 葉子


2016年 FBI開催の様子 | コメント(0) | TB(-) | 2016/04/15 |

今回のイベントで参加者の方へお渡しした物をご紹介致します。
まずひとつは、記念品。
これからの季節、フレブルには欠かせない保冷バッグです。

ノベルティ

そして記念品と一緒に配らせて頂いたのは
『意思表示カード』です。

意思表示カード

外出時に万が一の事があった時、自宅に残された動物達がいる事を周囲に知らせる事は
とても重要ですので、配らせて頂きました。 
お持ちになってない方は 是非こちら   をご覧ください。 

そしてもうひとつはこちらの冊子↓ を、お配りさせて頂きました。
SNSでご覧になった方もいらっしゃるかと思いますがご存知なかった方は
是非ご覧頂きたいと思います。



そして、ある犬のおはなしの作者Kaiseiさんより
メッセージを頂きました。
ご紹介致します。 

『 イベントへご参加の皆様へ 』

ある犬のおはなしを手にとって頂きありがとうございます。
今回のイベントへは参加することが出来ませんでしたが、当日のお写真を拝見し
本当にたくさんの方が来られていたんだとびっくりしました。
それと同時に、小さな家族と暮らすたくさんの人達がみんなで「命」を考える機会となった事を
とても嬉しく思います。

私たち人間には多くの言葉や知恵があります。
それは時として、誰かを傷つけたり苦しめたりすることもあるでしょう。
でも、誰かを支え、救うことも出来るのではないでしょうか。

どうか、すべての命が誰かの大切な宝物だということを忘れないで欲しいと思います。
そして、みんながみんなを大切に思えるようにと願っております。

最後になりますが、今回のイベント用にと冊子をたくさん作ってくださった皆様には心より感謝致します。
本当にありがとうございました。 

Kaisei  

2016年 FBI開催の様子 | コメント(0) | TB(-) | 2016/04/13 |

いよいよKiyocちゃんの素敵な絵が完成しました~っ  
たくさんのBUHIちゃん達がとっても たのしそうに描かれています 

出来上がり♡ 

オークション開始   

オークション開始

オークションなんてやった事もなく、内心かなりドキドキでしたが、これまた素敵なお方に落札していただきましたっ

なんとっ!!!  
クリームちゃんを 落札してくれた じろべえくんの顔にしてくれたり、名前も書いてくれ 
記念写真  

じろべぇテンションひくっ!!

このオークションの落札金は、雑誌BUHIと、Kiyocちゃんのご厚意で、すべて寄付とさせていただきました。 
盛り上げてくれた オークション参加者の皆様 ありがとうございました  

そして、集合写真~

全員集合!!!

沢山の笑顔・笑顔・笑顔   

スタッフ、スタッフ犬全て合わせますと、
大人 384名 小人 20名 ワンコ 260頭 の参加となりましたが、
大きな事故や怪我もなく、無事にイベントを終了する事が出来ました。

最後にスタッフ全員で、レイク内のゴミなどチェックしましたが
何も落ちておらず、会場を貸してくださったレイク様も大変驚かれておりました  

一人一人が心がけて頂いたお陰で、皆様気持ちよく過ごして頂けたのだと思います。
本当にありがとうございました  

2016年 FBI開催の様子 | コメント(0) | TB(-) | 2016/04/12 |

そして、『雑誌BUHI』編集長の小西さん、保護活動をされている 『Tier Haim KOKUA』  代表のナオミさん
『東京にアニマルポリスを!』 という活動をされている安藤さんをお迎えし  
この素敵なお三方で、トーク・セッションを行って頂きました   

トークセッション1 

トークセッション2

アニマルポリスとは・・・
アメリカやイギリス カナダでは、動物達の管理指導を行っている組織が存在していて
動物達の安全や生きる権利を確保する為に取り締まる事が出来る組織が存在します。
一方、日本では動物達は所有物として扱われているのは みなさまご存知かと思います。

動物達への虐待とは遺棄・殺傷だけでなく 動物の心身共に苦痛を与える行為も含まれます。
その様な行為を見かけたとき、日本では何も取り締まる事が出来ないのが現状です。
取り締まる事の出来る組織、いわゆる警察の取り締まりが出来るようにしていこうと、活動されているのが
『アニマルポリスを東京へ!』  です。

今回 安藤さんはアニマルポリスの必要性をお話してくださいました。
 
アニマルポリスの存在を知らない方もいらっしゃったかと思います。
何が虐待で 何が適切では無い飼育なのか。また、そのような事が起きているのも知らない人達も多いのも現状。
まずは アニマルポリスは必要だと感じてもらう事。 それが大切だというお話をしてくださいました。

そして保護活動をされている ナオミさんは
保護活動とはどんな事か。シェルターとはなにか。殺処分の現状などをお話してくださいました。

色々なお話がありましたが、私が1番印象に残ったナオミさんの言葉は
悲しい思いをする子をなくす為に 私達が今すぐ出来ること。

それは 『自分の子を大切に想う事。』 

大切に想えば、虐待はもちろんの事、引っ越しするから。病気ばかりするから。高齢になって大変だから。
などという理由で、手放そうなんて思う事はないはずです。

一度家族に迎えたのなら、最期まで一緒に暮らす。
それが普通だと思っていたのに、そんな事が普通じゃない人達がいるのも現実。

出来れば避けて通りたい話でも、ワンコと暮らす私達には向き合う事も大切だと感じています。
どんなに酷い仕打ちを受けても ワンコは私達が大好きなのですから。。。 

この様な話は色々な考えがあり、ご意見も多々あるかと思いますが
一人一人が自分に出来る事を考え、飼い主モラルを向上する事により
少しでも不幸な思いをする動物達がいなくなる事を切に願っております。

さて、編集長の絶妙な合いの手で盛り上がった トークセッションも終わり

編集長より 「この日を楽しみにしていたけれど、体調が悪く参加出来なかった子達も沢山いると聞きました。
今まさに病気と闘っている子達もいます。 その子達にも届くように、みなさんで元気玉を送りませんか」 
と 音頭を取ってくださり  
ハワイの伝統を引き継ぐナオミさんによる 『ハワイの祈り (チャント)』 を
ステージ上にいる私達は手を繋いで目を瞑り、他の参加者の方たちはその場で目を瞑り行いました。  

沢山あるハワイの祈りの中で ナオミさんが選んだのは

『 E hō mai 』  
全ての知恵を 天から受け取って、その知恵を分かち合いましょう。
と、いう意味をもった祈り(チャント)です。

ナオミさんの声が会場中に響き渡り、皆が一つになって
それぞれの想いを共有出来たような気がしました。

かなり長くなりましたが・・・・

とても穏やかで温かい空気が会場を包みこんでいると感じたのは 私だけでしょうか?  


2016年 FBI開催の様子 | コメント(0) | TB(-) | 2016/04/10 |
開催場所

    レイクウッズガーデン ひめはるの里

    千葉県茂原市上永吉1076-1