FBI

プロフィール

FBI 

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク

201804170645090e1.jpeg


先日小西編集長と一緒に
第一回からトークセッションなどでご協力頂いている
NPO法人Tier Heim KOKUA 代表 Naomiさんへ
寄付金499,821円の内、15万円をお渡しさせて頂きました😊

NaomiさんはFBIに来る直前、60頭もいる多頭飼育崩壊現場へ行きレスキューしてから参加してくれました。

201804170645240e7.jpeg


20180417080630ea0.jpeg


その時レスキューされたのが

①さくらちゃん
②ネネちゃん2歳♀
です。

約一カ月が経ち
さくらちゃんは現在トライアル中ですが、
ネネちゃんは優しい家族を待っています。

20180417064547109.jpeg


そして可愛い笑顔の
③ノンタン推定10歳♂
です。

他にもTier Heim KOKUAでは優しいご家族が迎えに来てくれるのを待っている子がいます。

以下、Naomiさんより。

今年、会場にお越しくださりご支援下さった皆さまへ
心より深く感謝すると共に深く御礼申し上げます。

お預かりいたしました多くの皆様の善意は
NPO法人Tier Heim KOKUAでは、すべて保護犬たちの為に使用しています。
今回のご寄付で何ができるかと例えますと
約18頭分のワクチン接種を行えます。

KOKUAの保護犬たちの為に力を貸してくれた
ブヒブヒ軍団!有難う!

と、みなさまの気持ちをしっかりと受け取って下さいました。

FBI 2018 第2章 | コメント(-)| TB(-) | 2018/04/17 |

FBI2018収支報告

2018レイク請求書


長文ですが最後までお読みください 

FBIが考える未来について。。

チャリティーイベントであるFBIでは、皆さまから参加費という形で、寄付金を頂いております。

他にも出店されている店舗さまで当日お買い物をして頂くと
店舗さまの売り上げに応じた数%を寄付金として頂いております (フガサミさんは除きます)

集めさせて頂いた寄付金は、今、辛い思いをしている保護犬猫達に
必ずお届け出来る形で寄付をさせて頂いておりますが、
そこには皆さまからの気持ちが込められていてほしい。と思っています。

寄付金で今いる保護犬猫達を救うことは出来るかもしれません。

ですが、そこに気持ちが込められてないと、 これからまた生まれてしまうかもしれない保護犬猫達を無くす事は出来ません。

動物達が人間に教えてくれる事は沢山あります。
その感謝と尊敬の気持ちを持ち

「保護犬猫にさせない」

ために私達一人一人が
ほんの小さい事を一つでもしてみること。
その為に少しでも何かを知ってみること。

それがFBIのテーマでもある「知る」ことのスタートだと考えています。

愛犬への愛が、学びに繋がり、それを伝えようとする。
それが笑顔の連鎖に繋がっていきます。

皆でちょっとずつ知り
皆でちょっとずつ行動し
皆で未来への気持ちが込められたら、、、

保護犬猫はいなくなる日が待っている。
と、信じています。

今、の寄付金を集めるのではなく、『未来へ!』 の気持ちを集めたい。
その想いがFBIの理想です。

Post致しました通り、fbi2018の寄付金が決定致しました。

今回も沢山の想いが集まりました。 本当にありがとうございました!!

どこか有名で大きな団体へ振り込んで終了するのが一番簡単なのですが、
それでは本当に皆様からお預かりした大切なお気持ちを、1円も無駄にする事なく保護犬猫達に使われているかわかりません。

『誰に何を渡したのか』 が、重要なのではなく
『渡した事でなにが変わったか』 が重要だと考えております

少しでも多く子達が救われるように、収容されてしまった子達が一日でも早く笑顔を取り戻せるように。と、
きちんと責任をもって、皆様のお気持ちを届けていきます。

現在、動物愛護センターへ必要な物資を確認中です。
お渡しする日程など調整する都合もあり暫くお時間を頂きますが、今後ご報告させて頂きます。

長文お読み頂きありがとうございました。


FBI 2018 第2章 | コメント(-)| TB(-) | 2018/04/14 |

2018041322424657f.jpeg


FBIでは第一回からイベントの最後に、お祈りをする時間を設けています。

参加したかったけど来れなくなってしまった子。
今、一生懸命病気と闘っている子。
残念ながらお空に向かってしまった子へ

ハワイのお祈り(チャント)
をナオミさんにして頂き
みんなで目を瞑り、手を繋いで元気玉を送ります。

毎回不思議なのですが、、、
お祈りをする時は風も音も変わります。

あれだけの頭数がいるのにも関わらず
吠える声もブビブヒ音も聞こえず、会場全体がふわっとしたあったかい空気に包まれます。

アニマルコミュニケーションの方に聞いたのですが、
この時ワンコ達も一緒に祈っているそうです。

元気玉を必要としている子達に届けーーーっ!!

と愛BUHIと一緒に願う。
とても大切な時間です。

2018年 FBI 当日の様子 | コメント(-)| TB(-) | 2018/04/13 |

「BUHIの撮影」をしたご家族には、BUHI編集長の名刺を渡して貰いました

むふっふーっ(〃艸〃)

その名刺は雑誌BUHIの表紙権をげっちゅー出来る名刺でしたーーーっ  

ここにも名刺の裏に番号が  
小西編集長に好きな番号を言ってもらい、、、

表紙に選ばれたのは
くるるちゃーーーん
@kururu0908

201804112347044d9.jpeg


編集長ったら、肉球プニプニ〜
なーーんて言って すっかりメロメロ〜

くるるちゃんの表紙はBUHI秋号でお披露目です
楽しみーーーーっ


次回の開催内容は今回と同様とは限りませんが、、、

みなさんに楽しんで頂けるような企画を、これからも考えていこうと思っています✨

2018年 FBI 当日の様子 | コメント(-)| TB(-) | 2018/04/12 |

今回のFBIではブヒ友さんからご縁を頂き
あの歴史ある「愛犬の友」さんが
FBIの取材をして下さいました。

そんな歴史ある愛犬の友さんにまでもグイグイなお願いをしまして(笑)

当日参加されたかわい子ちゃんを
雑誌に載せて頂ける事に

うちの子自慢をしてくれた方に、私から名刺をお渡ししましたが、
その名刺の裏には番号が書いてありました

愛犬の友の編集長に好きな番号を言って頂き
グラビア撮影して貰える子が決定っ 

なんと!
2組の方が載せて頂ける事になりました


クウガくんファミリー
@sakura3104  さんと

20180411234629481.jpeg

COCOひな姉妹ファミリー
@yuzu.co_hiさーーん

20180411234603c5d.jpeg


愛犬の友は4月25日発売
フレンチブルドッグ特集ですよっ!
お楽しみに〜



2017年 強運日和×FBI 写真 | コメント(-)| TB(-) | 2018/04/12 |

友達100BUHI出来るかな♪
結果発表ーーーっ

沢山名刺を集めて頂いた方には、超豪華なプレゼントをお渡ししました

なんと!
1位は136枚!!
@takahiro.koyano さんには、
Beds &dogrunさんの海から歩いていける距離にあるドッグラン付き貸別荘の一泊宿泊券ーーっ






2位は94枚!!
@mo_chi_mama さんには、FrenchBulldog LIFEさんより、FBL限定いきむ犬ーーっ 






3位は78枚の同率だったのでジャンケンで
@hanatosuji さん
には、フルオーダーで作ってくれるENISHIさんのお洋服ーーーっ






4位は同じく78枚で
@buchako3mama さんには。BULLDOSS さんのセーフティーリードベルトーーーっ





という豪華なプレゼントでした

みなさんおめでとうございまーーーす

益々楽しい FrenchBulldogLife となりますように


2018年 FBI 当日の様子 | コメント(-)| TB(-) | 2018/04/09 |

「未来の話をしよう」

当日聞き逃した方も沢山いらっしゃると思いますし、
参加されてない方にも聞いて欲しいお話なので
簡単にまとめてみました。

少し長文ですが最後までお読みください




ドッグトレーナー、小野さん

昔に比べると落ち着いたフレブルが増えてきたと思うね。
長生きするフレブルも多くなってきたよね。
でも少し色々な犬種が増えてきた気もするんだよね。
もうこれ以上はいいかなって思ってしまう。

飼い主さんの意識が向上してきたのもあって良い方向に進んできてるとは思うけど
ブリーダーさんがどれくらいシリアスに考え、今後どう考えているのか。 もあるよね。
よりよい方向に変化していって欲しいですね。

愛犬に対しては、たくさん自由運動をさせてあげて欲しいですね。
リードにつないでお散歩を沢山とかではなく
自由運動を。

小さい時の経験は大きくなっても影響するので、
食事と運動と休息を、子犬の頃からしっかりとって過ごしてあげて欲しいですね。

食事はフレブルは色んな犬種の中でも一番難しいんじゃないかなー。
でもどこかで落ち着くと思うよ。

飼い主さんの性格も影響する事もある。
何事も諦めないで、落ち着くところを見つけてあげて欲しいですね。

NPO法人ティアハイムコクア
保護団体代表ナオミさん


この会場に来る前、多頭飼育崩壊の現場へ行って犬達をレスキューしてからここへ来ました。
なのでここは天国か!っていうくらい!

水を飲んだら口の周りを拭いてくれて、うんちをしたらお尻を拭いてくれて、、
同じ県内なのに、一方ではクソ味噌一緒。
食べるものままならない子達がいるのが、現状なんですよね。

殺処分ゼロって事はよく言われている事だけど、
今はごくごく普通の一般家庭の人が、
ふつーーーに残酷な虐待をしています。

それを見て育つ子供に、それが普通の事だと感じで欲しくないです。

あの絵に書いているような、大人になったら一緒にお出掛けしようね。一緒に楽しく過ごそうね。
そんな事を思ってくれる純粋な子達が増えてくれて、人と犬が共存出来る未来になって欲しいです。

カメラマン、犬丸さん

私も啓発活動をしているので、愛護センターの子達の写真を撮ったりする一方で
ここにいるような幸せな子達の写真も撮ります。

最近すごく思うのは、犬を擬人化してしまう方がいて、犬本来の幸せを知らない子が増えている気がします。

芝生で歩いた事がない子や、砂浜を走った事がない子がいて。。

犬は犬らしく過ごして欲しいですね。
犬は人形でもなく、おもちゃでもない。
もちろん、うんちもします。

かわいい!とか
かわいそう!!
とか言ってひょいっと簡単に迎えてしまい、
後で悲劇を生む。

責任を持って迎えられないなら、飼わなければ良い。
もっと人間が成長していかないと。
と思いますね。

雑誌BUHI編集長、小西さん

今、すごい良い未来と悪い未来の
パラレルの中にあると思っていて。

そのパラレルの中で、
フレンチブルドッグは何をもたらしてくれるのか。
何をもたらしてあげる事が出来るのか。

雑誌BUHIも10周年を迎えて、この先BUHI でも
もうちょっと、ちゃんと考えていきたいなと思っていて。みんなの意見を聞いてみたりしてね。
色んな方向を見つつ進めていきたいなぁって思っています。


もっと沢山色々なお話をして下さったのですが
特に私の印象に残ったお話をまとめさせて頂きました。

皆さまの心に届きますように✨

2018年 FBI 当日の様子 | コメント(-)| TB(-) | 2018/04/05 |
開催場所

    レイクウッズガーデン ひめはるの里

    千葉県茂原市上永吉1076-1